遊化の森

 「仙道修練」の方向   「築基」



 ◆仙道内丹法・4つの階梯
 ◆「三を二にし、二を一にする」
 ◆「脳が生み出す“神”のふしぎ世界」

今年の冬は厳冬なのか?あるいは暖冬なのか?まだまだ平年より温かいような気
がするのですが、あるいはこれから寒波が襲来するということもあるのかも知れま
せん。このところ私事で少々多忙だったため、あまりこのメルマガにもかかわれな
かったのですが、少しずつ前進して参りたいと思っていますので宜しくお願いしま
す。

さてご承知のとおり「仙道内丹法」のメソッドは大きく分けて4つの階梯にわかれ
ています。多くの方は先刻ご存知でしょうし詳しくはHPなどでご覧頂きたいのです
が、4つの階梯というのは

 築基
 煉精化気
 煉気化神
 煉神還虚

です。さらに5番目の段階として「還虚合道」を付け加えることで「仙道内丹法
」の完成を見ることになります。ここでは、この順序にしたがって「仙道」修練に
ついて私的な見解を試みたいと思います。かなり独善的な切り口になるかもわかり
ませんが、ひとつの話として考えてください。
仙道は「三一の法」で「三を二にし、二を一にする」といわれるとおり、まず「精
」と「気」と「神」の三つの要素のうち、「精」と「気」を練成し、「神」による「熱
」で、この二者を一体化します。練成の仕方は、「気」と「精」を「督脈」と「任脈
」に通し周流させることです。「周流」させること300回に至り、ここに「神」(意
識の集中)による「熱」を作用させれば「気」と「精」が合体して新しい物質「キ」
が生成されます。つまりその時点で残っているのは「神」と「キ」です。「三が二に
なった」わけで、これが「小周天」の行法です。
続いてこの「キ」と「神」を練成させ、さらに「神」による「熱」で火加減をし
て、「奇経八脈」を周流させて「大薬」を作ります。これが「大周天」の行法です。

まず「築基」という段階ですが、これは文字通り基礎をきづく作業です。
これまでしばしば述べてきたように「仙道内丹法」は、ひとりの人間の「意識」(神)
と「精」(生命・身体)と「気」(内気)を駆使して、くりかえし、この三つを練成
し、この三つを「奇経八脈」に周流させて、「内丹」(大薬)を作り上げ、それを下
丹田、中丹田、上丹田に引き入れて、身体と意識を浄化して、ひとりの人間を再生
させるシステムです。

そのためには、ひとりの人間の身体的基礎と意識的基礎を整合性のあるものに作り
上げておくことが必要です。「意識」と「身体」との間に非常に密接な相関関係が
あることはよく知られています。
今日では「脳」の世界に対する研究も大幅に進んで「脳」が生み出すであろう、本
来形のない「意識」(神)が、「身体」の現象として具体的な形となってあらわれて
くる事はよく知られています。形のないものから、形のあるものが生まれる。これ
は本来形のない「熱」や「光」から「電気」「磁気」が生まれ、究極的に「物質」の
ような形のあるものに返還していくシステムとよく似ています。
この宇宙のあらゆるもの、森羅万象はそういうシステムを繰り返してきたといえる
のです。われわれ人間はその連環のいちばん端の方でやっと生きつないで増殖して
いるような気がします。

さて、実際の「築基」の行について考えていく前に、行の基礎となる「仙道」の三
種の神器といわれる「精」「気」「神」について、もう一度考えてみたいと思います。
まず「神」(意識)というのは何でしょうか?これは大変難しい問題で、我々には
手におえない点がありますが、立花隆さんの一連の著作を見てもそうですが、人間
の「脳」が行っていることは、比喩的に言ってまさに宇宙の広さ、深さにも匹敵す
るものがありそうです。臨死体験や、その隣にあると思われる幽体離脱現象につい
ても基本的には「脳」(意識)の作用として証明することが可能であると思われます。

人間が30数億年の地球の歴史のなかで、今日最も繁栄した種として現存している
のは明らかに他の種とちがう「脳」の存在にあることは明らかです。なぜ、こんな
広大な領域をもつ「脳」の存在が人間において可能なったかというと、以前このメ
ルマガでも書いたように、体内に地球上の「電気」と「磁気」を取りこみ活用する
システムを確立したからではないかと私は考えています。人間が植物の皮膜のよう
な薄い皮膚を確保し、その皮膚(表皮層)の下に水分をたっぷり含んだ層を形成し
たこと。この「層」は大気中の「光」(電磁波)を取りこみ、「電気」と「磁気」に
変換し、それらを含んだ「水電池」としての機能をもつようになったからです。こ
こに蓄えられた「電気」「磁気」の力で、人体や環境に関する情報は神経系を通じて
巨大センター「脳」に集結する。過去、前世(?)から毎日の細やかな感情のひざ
ひとつひとつまで脳に集結され、そのためにメモリ増設をやってきたのが人間の脳
の歴史でした。

人間の脳は、おそらく数万年前に、こういう基本システムがつくり出されて、時代
が流れ、さまざまな国で、さまざまな文化があって、それらを蓄積・吸収しながら
メモリの量は膨大なものになっていったのです。この脳の拡大の為に、体内の「電
気」と「磁気」が活用されているのだと私は思います。

この「脳」の機能はまた、集中(コンセントレイト)によって「無」から「有」を
生み出す方向にも向かうわけです。人間の身体に縦横に張り巡らされた神経ネット
ワークが伝える情報は、ただちに脳に伝えられ、こうして「身体」の変化と「心」
が密接に細密に結びついていくのです。この「心」と「身体」の密接な結びつきに
着目して、「仙道」では「身体」(精)と「意識」(神)を同時に修練しょうという方
向「性命双修」が生まれてきたのだと思われます。ドイツの心理学者シュルツが開
発した「自律訓練法」もまた同様の意味を持っていると思われます。こうして「精」
「気」「神」の三つを「奇経八脈」を舞台に練り上げていくことで「仙道内丹法」は
習得されていくのです。
by yuugean | 2001-11-08 09:44 | 内丹法を修練する
<< 昨年から新年へ 「仙道内丹法」は「リセット・ボ... >>



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧