遊化の森

ゴルファー杉原さん「がんと闘う」

今朝NHKで「この人にトキメキ」という番組の中でゴルファーの杉原さんの「がんと闘う」という番組をやっていたので、瞑想途中ながらついつい見入ってしまった。オールドゴルファーに懐かしい杉原さん。独特のスタイルで正確なパットを打つ打法は印象に残っている。現在では誰もやらないような変則的な打ち方だが、初期の日本のゴルファーの中には結構多かった。まだ黎明期だったゴルフ分野。現在の石川遼のような流れるようなフォームからは、ちょっと想像できないが、プロといえども我流のゴルフをやるしかない時代だったのだ。その杉原さんが「がん」だったとは知らなかったが、どうも「手術をやらず」(私と一緒)現在は放射線と粒子線の照射で治療しているという。途中から番組を見たのでいつ杉原さんががんにかかられたのかわからないが、話の様子だと、前立腺がんが最初で「免疫療法」を行ったが、リンパに転移したということだ。それで、現在はX線と粒子線の照射を行っているという。粒子線の照射は、前立腺がんに対してで36回行い経過は良好。しかしX線の方は身体へのダメージが大きいのでうまく行っていないという。治療方法を医者任せにせず自分の方法で選んできた杉原さん。いまでも現役プロゴルファーとして試合に出場するため毎日の練習をかかさない。
 私も最初から「手術」の道を離れ、現在でも「治療法が確立していない」脊索腫に対して自分の判断で進めてきた。最初は十全大補湯など漢方薬とアガリスク、チャーガ、冬虫夏草などのサプリメント。その後十全大補湯、ラジウム照射、ナノバブル水、そして気功。これでいい方向に行っているように思う。ことに自分で行う「内気功」は徐々に脊索腫のシマを小さくして行っている気がする。ある程度行ったら一度大学病院でMRIを取ってもらおうかと考えている。
by yuugean | 2009-03-27 11:07 | 2009
<< 連休 3月の声 >>



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧