遊化の森

西行と荘子

6時30分起床。例の通り洗顔、コーヒー沸かし。いつもどおり坐忘。昨日は例の通り太極拳を2時間ほどやったので今日は少しからだが火照っている感じ。これはいつもの事で眠りもつい長くなってしまう。今日は休日でもあるので朝はゆっくり目となった。いつも通りの1回目の坐忘は、腕や足、身体全体に「目光」を周回させる。目を閉じて外界の刺激が遮断されると早速体内のあちこちで「天来の妙音」ともいうべき蠕動。微動が起こってくる。それがすなわち「無為自然」の状態ではないかと考えている。意思は少しも働かせず「身心脱落」という状態を作り出せば、自ずから体内で動き出すものがある。それを「目光」「耳光」で感じているのが、「無為自然」。その後例の通りインターバル。インターバルののち、坐忘は深まる。それから例のとおり「出神」。最初はこの一瞬は緊張したが、いまは慣れてむしろ力を抜く事を取り入れている。下丹田からフタのような板があがってきて、その上に「法身」が乗っている感じである。それが天頂に到着し天頂にフタをして、第一段は終わる。天頂の上に乗っている「法身」に意識を集中させると、頭上の「法身」のあちこちに圧力感が現れる。そののち例の通り「拡大」「圧縮」の修練を繰り返す。拡大においては、意識のかたちはもはや存在せず、いわば「光の粒」となって対象の中に入り込んで一体となっている感じがする。その対象は時空を越えており、さまざまなモノが目の前に展開される。もう少し習熟すれば、それが何であるか記述することができるようになる気がする。収縮すればこんどは「光」のイメージ。これももう少し習熟すれば、それが何であるか書き記す事が可能になると思う。その後「法身」に光を集め、例の通り「法身」を体内にいれ、その後「目光」を体内各所に周回させて坐忘を終了。話はまったく別だが最近は、西行と荘子を並行的に読んでいる。西行については崇徳院(今年夏、配流されていた松山に行った)や俊乗坊重源(縁があって中学時代から知っている鎌倉時代の高僧)と関係が濃密であったことを知って驚いた。知らず知らず、その縁と私は近づいていた。今読んでいるのは「西行物語」。室町時代に作られた西行伝記だ。「荘子」は岩波文庫版。あまり説話が好きでなくて、読まなかったのだが、この二つを読んで、これまで私が感じていた西行像、荘子像と違うイメージが浮かんでくる。いまの状況にとって、この二人を読破することは大切であるような気が何となくする。
by yuugean | 2003-11-24 10:53 | 2003
<< 短く出し長く養う 無為自然 >>



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧