遊化の森

週刊誌編集長

 元週刊ポスト編集長の関根進さんの新著「ガンを切らずに10年延命」(ダイヤモンド社・2009年2月)が快進撃を続けている。現在7刷ー8刷のところにあるようだ。これは関根さんが丘永漢さん(作家)のウェブ「HiQ」で連載(毎日)されてきたものを「自癒力」「陰陽力」「医診力」など20のテーマでまとめられ、「ガン」を切らずに生き抜く知恵を体験的にまとめられたもの。
 関根さんと言えば今から30数年前、週刊ポストの編集次長当時に何度かお会いしたことがある。私は関根さんには当時のPR会社の上司と一緒にお会いしたので、関根さんの記憶には薄いかもしれないが、私には印象が強かった。繊細で神経が張り詰め力が抜けない感じだった。そのご編集長になられ、見る見る部数を伸ばして週刊ポスト黄金時代を築かれたのだから、時代を見ぬく力がその繊細さのなかに詰まっていたに違いない。私がよくお会いした当時のデスクY氏は、いつもにこにこ人柄の良さを感じさせたが、後に内部の人間に聞くと、仕事では怒髪天を抜く感じで怒り狂う場面も多く恐れられていたというから、週刊誌編集の現場は外部からは窺いしれない、神経の抜けない大変な戦場だったにちがいないという思いがする。
 関根さんには最近2-3度お会いした。お会いしてみると、かっての鋭敏な表情は消え、むしろ穏やか、気のよくつく親切な方だった。5月には私がライター系の仕事の時にお世話になっている、元朝日ジャーナル副編のK氏にお会い頂いた。K氏はガンで「化学療法」についてどなたかの意見を聞きたいというので、関根さんにお会い頂いた。また最近私が全然医者にかかっていないことの不便さを感じて、帯津病院の診察を一度受けてみようと思い、関根さんにメールを出したところ、詳細にわたるアドバイスを頂いた。関根さんの療法をかいつまんで縮めてしまうと、「帯津敬三先生」「天仙液」「漢方」「玄米療法」だが、私は関根さんにお会いして、まず「玄米食」に変えた。「天仙液」は私には高価なので、これまで飲んでいた自分の手作り薬酒のなかに、冬虫夏草、霊芝、田七人参、高麗人参、アガリスク、チャーガなどのサプリメントの残りをぶち込んで「地仙液」と称して毎日飲んでいる。漢方についてはもともと薬は漢方しか飲まないでやってきた。あとは「帯津先生」だが、関根さんから詳細なアドバイスを頂いたのでこれから取り組んでいく方針だ。
 その意味で私も関根主義のひとりだと思うが、感心するのはまだまだ著作に取り組んでいくエネルギーだ。今年関根さんから「大正霊戦記」をお送り頂いたが、これは350ページの大作で現代史の闇のひとつ「大逆事件」の中で、作家であり牧師であった沖野岩三郎の生涯を追ったもの。沖野岩三郎はあの時代、おのずからも冤罪疑惑を受けながら、作家としての生涯を全うした。沖野は関根さんの母方の祖父にあたるといい、その
生涯の全貌を追おうとする姿勢は、尋常ではない。さらに続編を執筆中といい、70近い高齢でのエネルギーには敬服せざるを得ない。
by yuugean | 2009-06-26 08:15 | 2009
<< 「民主党政権五つの預言」 やんちゃ猫鯉太 >>



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧