遊化の森

<   2002年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「小周天法」 その9

◆「イメージ」の修練 ?
◆「日想観」-「太陽」を取り込むイメージ
◆冬も身体がぽかぽか

さて前回、この「煉精化気(キ)」の段階では、意識的にイメージを駆使して
修練もいろいろやってみると、「気感」強化、「小周天法」深化になる可能性があると書きました。


この「メルマガ」では、仙道修練メソッドの重要な事は勿論ですが、そういうテキ
スト的なことよりも、自分が実際にこれまでの修練の中から、印象に残る実感など
を出来るだけナマの形で書いていきたいと思っています。ですから「修練メソッ
ド」(階梯)についてはホームページのほうを見て、あるいは「高藤本」なら「高
藤本」に従って、「小周天」の修練をして頂くとして、それが順調にいっているこ
ととして話を進めていきます。だから別にオーソライズされた方法でもありません
が、できるだけ実感にのっとって書いていきます。修練には個人差がありますの
で、ひとつの参考例として考えてください。


今日ご紹介するのは私流「日想観」です。「日想観」については大陸の伝統的な道
観仙道ではよく知られている修法です。まずそれのやり方から。これは基本的には
屋外で太陽に向かってやる修法ですが、室内でやる場合は太陽がよく当たる場所を
選びます。まず「太陽」に向かって端座します。両手を太陽に向かって掲げ、両手
の親指と人差し指を合わせて三角形を作ります。その三角形の中心に「太陽」が来
るようにして、目を閉じて瞑想します。静かに呼吸しながらその三角形の中に輝く
太陽を「意識」で強くイメージします。しばらくたって、両手の三角形をゆっくり
下に下げて、下丹田の前におきます。あなたのイメージの中の「太陽」は手を下げ
るに従って、顔―喉―胸―腹と降りてきて下丹田に収まります。ここで2-3分
「温養」して静かに終わります。


以上が伝統仙道で行う「日想観」の概要ですが、これはつまり意識で太陽のイメー
ジを体内に取り入れ、「気」を納める方法です。それを私流には立位でやってみま
した。しかも両手を掲げ、両手で三角形を掲げるような事はしないで、立位でしば
らく「立禅」をして心を静めます。そして目を瞑って、輝く「太陽」のイメージを
出来るだけ強く意識します。ついでそれが「天頂」から身体の中にゆっくり入って
くる状態をイメージします。「天頂」-顔―喉―胸―腹とゆっくり移動していきま
す。「天頂」以外のスポットでは、しばらく留めて「温養」します。その後下丹田
に入れ「温養」します。「天頂」での「温養」は絶対にしないようにしてくださ
い。この方法は座っても出来ますし、太陽が照っていなくてもできます。曇りの
日、雨の日は、その雲の上に輝いている「太陽」に輝く「太陽」を強くイメージ
し、夜は地球の裏側でその時輝いている「太陽」を強くイメージします。

最初は「太陽」の「気」で、少しくらくらするかも知れませんが、慣れれば普通に
なり、温養とともに身体がぽかぽかしてきます。イメージの上での日向ぼっこで身
体が実際に温かくなってくるのは、「意識」の「無」から「有」を生む、ふしぎな
働きといえます。冬など結構身体が温まります。ただやりすぎると少し視覚、体調
に変調(その時は中止)が生じかねませんので注意してください。慣れるまではあ
まり長くやらないことです。
by yuugean | 2002-09-30 17:05 | 内丹法を修練する

「小周天法」 その8

 
◆「イメージ」の修練 ?
◆「天柱功」-体に空洞をイメージ
◆身体の中を気が流れる

これまで「小周天法」というサブタイトルで続けてきましたが、皆さん先刻ご承知
のように、これは私達が取り組んでいる「伍柳派」仙道では第二階の「煉精化気
(キ)」とよぶべき段階です。この段階では、いわゆる「小周天法」がメインにな
るので、判りやすく「小周天法」と名づけながら続けてきただけです。しかしこの
「段階」では確かに「小周天法」を修練することがメインの行で毎日でもメソッド
に従って修練するべきではありますが、必ずしも「小周天法」ばかりではありませ
ん。

以前に書きましたが、この「煉精化気(キ)」の段階では、意識的にイメージを駆
使した修練もいろいろやってみると、それは「気感」の強化に繋がり、「小周天
法」をさらに深化させることになります。「伍柳派」仙道では、段階が進むに従っ
て意識的に「イメージ」を使う行は減ってきます。むしろ「イメージ」の元である
「後天の神」を出来るだけ滅却することによって、人間が「胎児」のときに持って
いた「元神」「先天の神」と一体化する行に入っていきますが、この段階では意識
的に「イメージ」を駆使して「小周天法」を完璧なものにする修練を行います。


まず最初に「力を抜くこと」。それは前回書きましたが、力が抜けてくると意識の
働きが活発になってきます。頭で「イメージ」したことが「身体」に現れるように
なってきます。例えば「肩が重い」と意識の中でイメージすると実際に肩から力が
抜けてくる。同様に「丹田が温かい」というイメージを何度も繰り返していると、
意識的に「イメージ」しただけで「丹田」に温感が出てくるようになります。


そういう段階になると、意識的に「イメージ」を使って「小周天法」を修練する合
間に、いろいろな「方法」を試みることも大切です。それはサイドから「小周天」
の深化を手助けしてくれることになるからです。二、三の例を挙げてみましょう。
ただしこれらは別にオーソライズされた方法というわけでもありません。むしろB
級といえるかもしれませんが、私がやった中では意外とよい、印象に残る方法でし
た。修練にもその人に合う合わないの個人差がありますので、あくまで参考までに
受け止めてください。


ひとつは私が仮に「天柱功」と名づけた方法。「仙道」を始めた頃、最初は寝る前
に寝床の中で横になりやっていました。寝ながらやっていると、家族には気付かれ
なくて済むし、そのまま眠ってしまえる。それより実は「仙道」の前に「自律訓練
法」を布団に横になりながらやっていたので、その延長でした。方法は身体から完
全に力が抜けた段階で、自分の身体の中心(天頂から腹部にかけて)に太い「空
洞」がパイプのように出来ていることを想像します。そしてその中を「気」が天頂
から腹部に流れている状態をイメージします。何度かやっていると、本来中に詰ま
っている脳・胸・胃・腸など内臓が何も無くなって自分の体の中が骨格や表皮だけ
の「空洞」になってしまいます。そして「意識」をかけると「気」が天頂から入り
込んできて腹部に達する。そして「意識」を切り替えると「気」は今度は下から上
に上っていく。それを何度も修練しているとほんとに「気」はそう流れ始めます。
実際、私が布団での横臥スタイルでの修練をやめて、座りタイプの修練に切り替え
た時、それをやるとどうもうまくいかない。気がつくと、「気」はいつもの癖で横
に流れていたんです。また座って何度かやると、今度は縦に身体の中の空洞を流れ
るようになりましたが、、、。この方法は「気」を塊として捕らえ、身体の中に受
けたり出したりするわけですが、最初「イメージ」で誘導しながら、実際にそうい
う実態ができてくる、「意識」の働きのひとつの例だといえます。
by yuugean | 2002-09-29 17:07 | 内丹法を修練する

カニ弁当

4時起床。気がつくと時計は2時半だった。寝付かれず、4時になって床を離れた。洗顔、歯磨き。コーヒーを沸かして飲む。太極拳練習日。7時50分前に家を出て秋葉原。今日の会場は昌平小学校遊戯室。いつもの体育館は運動会で使えず。屋上の運動場から
子供達の嬌声が聞こえる。都心の学校で生徒も少なく全学年一緒でも、小さな屋上運動場で十分みたいだ。今日の会場は床が固く、いつもと違って八段錦、進展法、簡化24式、老架式85式を修練。肘法、陳式など動きの激しいものは出来ない。部分ごとの詳しい修練。本日の参加者は15人。今日は終わって東京大丸に行って「北海道展」の駅弁・カニ海鮮弁当を買って缶ビールを買う。場所がないので、八重洲の安田火災ビルの中庭で昼食。帰宅して少し睡眠、入浴。その後s君と「甘太郎」で飲む。夜来少雨あり。その後、パソコン、坐忘少々。就寝。
by yuugean | 2002-09-29 16:40 | 2002

寒い雨の日

五時起床。少し坐忘。雨が降っている。昨日以来、関東地方は雨。そして寒気が上空にやってきているため寒い。例の通り7時15分家を出て、飯田橋「プロント」で少憩。午前中事務所。午後経済産業省。先週部屋に飾った丈の高いススキはすでに枯れ始めていて、穂が頼りなげになっている。夜、駅の前の「甘太郎」でs君と恒例の飲み会。話題は取り留めないが、いつも全然気を使うことがなく、お互いのストレス解消になっている。終わって「イタトマ」でコーヒーを飲み分かれる。帰宅後テレビ、坐忘、就寝。
by yuugean | 2002-09-27 16:43 | 2002

朝は短いセッション

5時起床。坐忘。このところ天気はよくない。坐忘は効果が明白であってもなくても、とにかく続けることにしている。今日はそれほど強く感じることはないが、短いセッションを3-4回、続けて「いつもの」感じが出てくるのを待つ。その「感じ」が出てくれば、少し坐忘。それを何回か繰り返す。朝の坐忘はそういう短いセッションの繰り返し。夜はずっと最初から最後まで長い坐忘のセッションを行う。いつからかそうなったが、夜は時間はずっとあるが、朝は通勤の仕度などあって、短い細切れのものになってしまう。今日も例の通り7時15分家を出て、飯田橋で少憩。仕事の段取りを「プロント」でやる。今日は午前中事務所。午後から経済産業省。3時半から取引所。帰宅後は、テレビ。パソコン、坐忘、就寝。
by yuugean | 2002-09-25 16:45 | 2002

太極拳演武会

5時起床。大周天ののち坐忘。さらに大周天。8時に自宅を出て9時池袋の「プロント」で待ち合わせ。しばらくスポーツ紙を閲読。サッカーの記事、貴乃花の記事。新タマちゃんの記事。今日は「太極拳演武会」の日。三ノ輪の荒川区体育館が会場なので、大塚で都電に乗り換えて会場へ。10時かっきりに始まり、300人近くが一緒に演武。私は楊氏簡化太極拳(24式)を二回、楊氏老架式(88式)を二回、陳式を一回参加。いつもの練習の三倍近い量。あと八段錦一回。10時から昼休みを挟んで3時半までぶつづけに「太極拳」。その割には脚にはこなかった。明日以降に脚に来ることも予想される。夕方5時から、上野のじゅらく3階で宴会。みな30年ぐらい太極拳をやっているベテラン指導員が中心の宴会だが、そこに二人だけ混じって飲んだ。ビールばかり飲んでいろいろお話をした。かなり酩酊して帰宅。そのまま就寝。
by yuugean | 2002-09-23 16:47 | 2002

「小周天法」 その7

◆「力を抜くこと」 (続)
◆「肩が重い」「腕が重い」―自律訓練法
◆日常生活の中に生み出す「非日常な状況」 

前回は「力を抜くこと」。それが日常、いかに難しいかについて書きました。通常
は、私たちは生活をやっていく上で、「力を抜くこと」と対極の状況にいます。つ
まり通常の生活の中では朝起きた時から無意識の中で「緊張」モードに切り替えて
生活しているわけです。「緊張」モードこそが知らず知らずのうちに日常の状況と
なっている。逆に寝ているときは無防備になるので「夢」によってガス抜きをやっ
ているのです。この日常のガス抜きがなかったら、人はオール「緊張」モードの中
でもっと寿命を縮めていたでしょう。

したがって「力を抜くこと」。これは日常の緊張モードの中に、非日常の状況を作
り出すことでもあるのです。その状況を作り出すことで、「真実」の自分や真実の
人間の状況がよくわかることになります。「意識」の力も正直に働くことになるの
で、「気感」が強まったり、「熱感」が出てきたりします。日常の「緊張」モード
をいったんリセットして、その「意識」をコントロールすることで「力を抜くこ
と」ができます。

「自律訓練法」で目を閉じて、まず「肩が重い」「腕が重い」「脚が重い」「身体
全体が重い」というコマンドを3回ぐらいずつ「意識」にかけ続けますと、そうい
う状況が自分の身体の中に生まれてきます。たとえば夜寝る前などは「腕が重い」
「身体が重い」というコマンドを意識に向かってかけ続けますと、身体は布団の中
に深く沈みこんで「緊張」モードが完全に取れ、リラックスした自分が出現しま
す。これが「力の抜けた」状態です。何度もこういう訓練をし続けると、意識はそ
ういう姿勢を取っただけで、「力の抜けた」状況を生み出すようになり、恍惚とし
た、気持ちのよい状態の中に自分を置くことができます。「仙道」を今後、効率的
に進めていくには、この方法に習熟しておくことが必要です。

「仙道」でまず「気感」を感じるためには、上のような状況にあることが必要で、
その中で下丹田の中で「熱いボール」をイメージし「意識」に働きかけますと、そ
ういう「熱感」が今度は下丹田に生じることになります。「意識」の力によって
「無」(形のないもの)から「有」(形あるもの)が生じる瞬間です。そのボール
を再び「意識」で引っ張って「会陰」経由で督脈に入れ、上方に上げていくのが
「小周天」法です。「緊張」モードに入っている私たちの日常生活の中に、「非日
常」の状況を作り出すことで、「仙道」は「気感」「温感」を得て、「胎児」の時
代には開通していた「督脈」など「奇経八脈」を次々に開通させていくことになり
ます。
by yuugean | 2002-09-22 17:08 | 内丹法を修練する

「恐竜絶滅」仮説

4時起床。坐忘。パソコン。8時に自宅を出て9時池袋の「プロント」で待ち合わせ。少し早く着いたのでスポーツ紙を閲読。今日は幕張メッセ「2002大恐竜展」を見に行く。東京駅から京葉線。この線も久しぶりだ。1年少し以前はこれで毎日通っていた。朝いつも東京駅で降りるとデズニーランド行きの人達の行列に逆行して動く歩道で東京駅に出た。それから神田とか本郷三丁目に通うのが通例だった。しかしいまはかっての観光客状態。海浜幕張につき会場へ。1億5千年も地球を支配していた恐竜たちの実物化石が場内に所狭しと展示されている。この催しも明日まで。夏休み中はきっと子供たちで大混雑だったろう。ここへくるきっかけは、太極拳の先輩のオサム君が「行って来ましたよ」と話しかけたのが始まり。安い券をs君が見つけてきてくれた。1800円。もともと最初から行こうかなと思っていたが2500円では?という気持ちだった。私自身「恐竜絶滅」に大変興味があり、「恐竜絶滅」の仮説もたてている。隕石落下によって、地球は動いて軌道が変わり、地球が恐竜時代にあった状態よりも、太陽から見て外側の軌道を回るようになったーーというのが私の仮説。そのために恐竜時代の空間の光が発していた波長よりも中心波長が長くなった。それが現在の状態で、今よりも短い波長に適応して生存していた恐竜は絶滅し、かわって哺乳動物のような小型の動物が登場するようになった。生き延びた恐竜は以前よりも長い波長の現在の「常温」に適応するために小型になり鳥類となったーというのが私の仮説。会場では35メートルの草食恐竜や獰猛な肉食恐竜が群がる時代を再現している。アメリカ、中国、アフリカの発掘の成果がそのまま時には地層ごと展示されている。会場近くのビルの中で昼食、ひれかつ・コロッケ定食。久しぶりに肉系、よく食べて腹がいっぱいになった。帰路東京駅で京葉線から丸の内側に出て新しく完成した「丸ビル」にはいる。以前の古色蒼然とした丸ビルには一階に小さな洋品店や文房具店がいっぱい並んでいた。知人の知り合いも小さなネクタイ屋をやっていた。私はここの地階のトイレが好きで東京駅からすぐなので利用させて頂いた。昭和初期のモダーンな匂いがした。新しい「丸ビル」は相変わらず人、人、人。5階まで吹き抜けで店舗が140店も入っている。まるでデパートみたいで、あまり興味がわかないので、地下と1階をぐるりとみて終わり。帰宅後、風呂、洗濯。夜は自宅で9時まで飲む。テレビ、就寝。
by yuugean | 2002-09-21 16:50 | 2002

月見の宴

五時起床。坐忘。秋晴れ。すでに朝がしらじらと明けていく未明の頃から今日が天気快晴である雰囲気は漂っている。例の通り7時15分家を出て、飯田橋「プロント」で少憩。午前中事務所。午後経済産業省。帰宅後、ひとかかえの「すすき」を貰ったので、早速ぶっこみで活けてみる。ススキの丈が高く、不安定になってなかなか定まらない。結局ゴミ箱に使っていた筒に水を満たして、そこで活ける。かえって野性味があっていい。ドライフラワー2-3種を添えると、野性味のある活花になった。明日は中秋の名月だが、天気が悪そうなので、今夜部屋にて「月見の宴」。部屋に飾った丈の高い、ひとかかえのススキが風になびき、いかにも月見らしい。窓から見える手入れの行き届いた庭には虫の声がここかしこ、中天の月もよく澄んで雰囲気としてはいい。宴が終わり、そのあとはテレビ、坐忘、就寝。
by yuugean | 2002-09-20 16:52 | 2002

ブッシュ赤恥コイズミ手柄

五時起床。坐忘。快晴が続いている。この間からの悪天候や冷気はまるで消え去ったかのようだ。通常の「日本の秋」が始まった。例の通り7時15分家を出て、飯田橋で少憩。仕事の段取りのため「プロント」。今日は午前中事務所。午後経済産業省。このところニューヨークの原油相場は下がり気味。これまで相場を押し上げてきた「イラク攻撃」が一気に覚めた形となっている。土壇場で「イラク」が「査察受け入れ」を表明したからだ。これはフセインの完全な「作戦勝ち」。ブッシュがわざわざ国連まで出向いて大演説をやったのに「フセイン」の「査察受け入れ」で全て吹き飛んでしまった。この作戦は充分予想されたこと。こうなるぞと密かに思っていた。全くそのとおりになった。仕切りなおし。しかし米軍の大部隊はすでに中東に派遣されている。部分攻撃もしている。アメリカは真っ赤な恥をかいた。このことをあまり日本のマスコミも評論家もいわない。しかし愚かなブッシュは必ず巻き返す。たとえイラク攻撃をしても、何も得ることはなく、むしろアラブを将来的にも敵に回してしまう愚かさに、この「大統領」はきずかない。アメリカにとっても、世界にとっても不幸なこと。
それとこのところは「北朝鮮」との国交回復で日本の「世論」が騒がしい。11人の連れ去られた人達のうち8人が死んでいたという結果。これは大変なことだが、なぜ「コイズミ」バッシングになるのか。民主党も、議連も、反主流派も、一部マスコミもここぞとばかり宣言署名を責めている。しかし死んだことは「コイズミ」の責任ではない。事実がはっきりとしたのはコイズミのむしろ功績だ。やりにくい相手に初めて真実を言わせた。それはコイズミが真摯に私心なく金正日と対峙したから相手もその気になったのだ。なぜその事を彼ら有象無象は理解しない。いずれ反動がきて「コイズミ」のやったことは必ずコンセンサスとなる。感情的な波が収まれば「真実」が見えてくる。夕方早めに帰宅。そのあとはテレビ、就寝。その後起きてパソコン、坐忘、就寝。
by yuugean | 2002-09-19 16:54 | 2002



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧