遊化の森

<   2002年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

寒波到来

5時30分起床。坐忘。このところ考えているのは「腹脳」。下丹田あたりの事だが、ここは意外に、まさに「脳」同様の役割をしているかもしれないと言う事。「神を虚霊になじませる」事が「煉神還虚」の大要だが、その実態は何か?なかなか判りにくい。「坐忘」において、「定」に入る、さらに深く入っていく。そのことだけだろうか?という思いがいつもあった。そこで「谷神」(谷底のような深いところにある意識)についてのイメージがあり、それが「腹脳」に繋がっていった。それはひょっとしたら「虚」「虚霊」の出入り口ではないか。という思いがある。それとともに「腹脳」がやっていることは「形のない意識」(目に見えない、耳に聞こえない、、)を感知・予知・熟知することではないか?そんな思いがしてきている。例の通り7時15分家を出て、飯田橋「プロント」で少憩。午前中事務所。午後はいつもの通り経済産業省。今年最後なので経済産業省の女の子にも「いいお年を」と挨拶。すると随分丁寧な挨拶で返されたので戸惑ってしまった。今日は仕事の最後だから夜5時半から「真名井の湯」で待ち合わせ。ゆったりと風呂に入り、サウナに入って一時を過ごす。今日は寒さが最高なので、サウナの後の「水風呂」はつらい。「露天風呂」は今日はやめにする。その後駅前の「甘太郎」でビール、ウイスキーお湯割り三杯。つまみ一個(食べない)で終わり。日本海方面へ来年二月ごろ、冬魚を食べに行く話しで盛り上がる。帰宅後、そのまま就寝、目覚めて12時半ごろ坐忘。約1時間。その後就寝。
by yuugean | 2002-12-27 06:32 | 2002

今の男はつらい

5時30分起床。坐忘。クリスマス。この年になればさしたる感慨もない。子供達が小さい頃は、ケーキを買って帰るたのしみ(イブの夜)はあったが、そういう時代も既に過去。いまの若者達はこの時期大変なようだ。今日有楽町を歩いていたら、電気ビル1階の「プラダ」の店にジーンズ姿の若い男女が平気で入っていく。そしてバッグかポーチか、とにかく高価なプレゼントを男がしている。二三日前にも銀座の「エルメス」の袋(中はバッグぐらいの大きさ)を持った若い男がデートの場所に急いでいるのを目撃した。多分40万円はするだろう。何か変な時代になってきた。これは若い女族が仕掛けているのでは?と思ってしまう。とにかくそこに介在するのはお互いの「欲」であって「愛」ではない。そのことに若者達は気づいていない。例の通り7時15分家を出て、飯田橋「プロント」で少憩。午前中事務所。午後はいつもの通り経済産業省。帰宅後、自宅で小宴。今日の鍋は「南蛮鍋」。ベースは鶏手羽でごぼう、ねぎを一杯入れる。今日は「鶏がら」を見つけ買ってきていれた。ガラでだしをとり、鍋に向かう。意外にもごぼう笹ガキとねぎが絶妙にうまい。終わって家でテレビ、就寝、目覚めて1時ごろ坐忘。1時間してその後就寝。
by yuugean | 2002-12-26 06:33 | 2002

賢者の石

5時30分起床。坐忘。休日の坐忘は時間を忘れて取り組む事ができる。「坐忘」も最近は少し変化。「気感」もさらに深く、強くなった。しかしこれはあくまでも主観の問題。たしかに古神道で「御中主命」という風に神格化されているが、これはほとんど「谷神」と同じと見ていいだろう。もちろん太古にはそういう「神」がいたと言う事になっている。日本の古事記の世界。しかしこれはもっと現実的な、人間生活の精神世界のある部分をさしている。それを認識し手に入れる事によって、非常に広大な世界への窓が開かれる。「賢者の石」のようなものだ。「不老不死」であり、「病気」と言うものは既にない。熟達すれば「時空」を超えて通信する事も可能。「胎息」と「谷神」は一体となって、そういう世界への道を開くように思う。意識も認識も人間の固体の中にはもはやとどまってはいない。「元神」全ての世界。
by yuugean | 2002-12-23 06:35 | 2002

最後の稽古

5時半起床。坐忘。今日は最初からすぐ全身に気が回り、電磁的な波動が足裏まで響いていく。そう、その調子、調子がいいぞ。パソコン。コーヒーを沸かして飲む。7時15分に家を出て神田。神田駅そばの「サンマルコ」の2階で待ち合わせ。その後「さくら館」へ行く。太極拳の今日の練習は八段錦、進展法、簡化24式、老架式85式、陳式と全部通し。こういうやり方の方が全て覚えるのにはいいかもしれない。まず全体の流れを掴み、あと微調整をやればいい。今日は終わってからみんなで「忘年会」をかねて昼食。駅のそばの古いインド料理の店。バイキング形式でビールを頼む。終わって帰宅後入浴、夕方から例の通り、今日は「たら」とほうれん草、豆腐の「寄せ鍋」。私は例の通りあまり食べずもっぱらスープ系を食す。いつもの時間に終わり、その後はテレビ、少し坐忘、就寝。
by yuugean | 2002-12-22 06:37 | 2002

年賀状づくり

5時30分起床.坐忘。土曜日は坐忘をやるのに一番いい。この日は完璧にすべて自分の時間。誰とも会わず、ただ好きなままに好きな事をやる。したがって「坐忘」も何度も好きな時にやることが出来る。今日は朝2、昼2、夕1、夜2と坐忘をやる。まあまあのところだ。今日から年賀状の準備。例の通り「公私」を分けて、パソコンで作成する。今年は「中国墨絵」を採用。地の絵に中国の墨絵画家が描いた山水画を置いて、その上に手書きの筆文字。今年は「天地悠々 春来刻々」という造語を入れることにした。「ワード」でやるので操作は簡単。それに一日近くかかる。夜食事を終わって家でテレビ。ウイスキーお湯割りを一杯。これがいつものペース。そのうちにテレビを見ながら就寝、目覚めて12時ごろ坐忘。1時間してその後就寝。
by yuugean | 2002-12-21 06:38 | 2002

ハリーポッター

5時30分起床。坐忘。このところ「坐忘」の相が変わってきた。意識を深く落とし「谷神」に至る。そこから先は「虚」であり、「虚」に通じ「虚空」に広がっている。なんだか禅問答めいた表現で、具体性にかけるが,そうとしかいい様がない。「谷神」からはすっという感じで、「虚」の世界に通じている。それが「虚無」、それが「虚空」。例の通り7時15分家を出て、飯田橋「プロント」で少憩。午前中事務所。午後はいつもの通り経済産業省。今日はすべて終わった後、友人と映画を見る。「ハリーポッターと秘密の部屋」。楽しい映画でいかにもイギリスらしい雰囲気の映画。深刻ぶらないところにユーモアがある。圧倒的に子供達が多い。しかし大人も見て楽しめる。見終わった後、「花の舞」で酒を飲み交わして、今日見た映画の感想会。10時ぐらいに終わり帰宅。就寝前、少々坐忘。
by yuugean | 2002-12-20 06:40 | 2002

忘年会

5時30分起床。坐忘。例の通り7時15分家を出て、飯田橋「プロント」で少憩。午前中事務所。午後はいつもの通り経済産業省。今日は夜5時半から取引所主催の忘年会。会場は水天宮のロイヤルパークホテルの地下「桂花苑」。ここは中華料理でかなりのものだった。ビール、ワイン、ウイスキーの三種混合。また昔の癖が出たが忘年会で野暮はいえない。nも席に回ってこられたので「来年はいよいよ国際化本番ですね」などと申し上げた。あとは近隣の人達と話す。右隣の人とシンガポールやタイの結婚式の話。左隣の事務局長とは広報活動の話。昔の広報活動の例をいくつかお話した。折角の中華料理だが、あまり食べ物を口にしなかった。帰宅後、そのまま就寝、目覚めて1時ごろ坐忘。その後就寝。
by yuugean | 2002-12-16 06:41 | 2002

通し稽古

4時半起床。少し坐忘。朝は短い断続的な坐忘を続ける。あと一年で「天花乱墜」が来るはずなので真面目にやることが肝心。しかし「平坦期」の坐忘はあまり面白くない。反応がそれほど出てこない。通常の感じしかないので、やはり慣れっこになって「特別なもの」を求めがちになってしまう。しかし「修練」などは案外そういうものかもしれない。パソコン。コーヒーを沸かして飲む。7時15分に家を出て水道橋。日大裏のヴェローチェが待ち合わせ場所だが、途中で神田駅そばと同じ「サンマルコ」の店を見つけ、携帯で変更を知らせ、その2階で待ち合わせ。こちらの方が焼きたてパンの店。太極拳の今日の練習はは八段錦、進展法、簡化24式、老架式85式、陳式と全部通しでやる。先生の説明がないが、その分通し稽古になった。今日は神保町の和食屋で昼食。小ビールを頼み、うどんと小丼。帰宅後入浴、夕方から例の通り、今日は「はまぐり」とボイル海老の「ミニ海鮮鍋」あっさりしていていい。私は例の通りあまり食べずもっぱらスープ系を食す。いつもの時間に終わり、その後はテレビ、少し坐忘、就寝。
by yuugean | 2002-12-15 06:43 | 2002

坐忘

5時30分起床。坐忘。坐忘というものを具体的に表現する事は難しい。「これが坐忘」といつでも言う事ができるし、いつも坐忘の様相は異なっている。深化によって、別の様相を持ってきたり、関連して起こる現象が日によっていろいろ違っていたりする。だから坐忘というものについて、その方法、その実際を書いたテキストはあまりない。「坐忘」については「定に入る」という言い方もするが、それはどういったものなのか?やはりこれも禅定の「定」であり、種々の相があるように思う。しかも「坐忘」の表現しにくいところは、あまり「意」をかけすぎないところにある。「自然に任せる」「宇宙に任せる」「気の動きに任せる」ということ。従って表現しにくいのであり、その時々によって「坐忘の相」もまたさまざまに千変万化する。
by yuugean | 2002-12-12 06:44 | 2002

パーティ

5時30分起床。坐忘。坐忘はまた「平坦期」に入った感じがする。あまり変化がない。よくもなし悪くもなし。ただ「気」だけは天頂から流れ込んで、足裏に至る感覚はある。足裏がすぐにじんじんしてくる。雪はまだ解けない。それだけ気温が低いという事。近所の水溜りは最近はいつも朝出勤のときはまだうっすらと氷が張っている。例の通り7時15分家を出て、飯田橋「プロント」で少憩。午前中事務所。午後はいつもの通り経済産業省。今日は5時半より虎ノ門のJ社で忘年パーティ。最初30分間、新しい統合会社の社長(旧会社の社長)が自社の現状と予測をインジェクターを使い説明。ここは今年、石油分門と鉱業部門を統合してホールディングカンパニー制となった。社長は頭のいい人。勘もいい。温厚に見えるが社内では君臨しているような気がする。この前のパーティで直接お話してなかなか気をそらさない人だと思った。好きなタイプ。帰宅後、就寝、目覚めて12時ごろ坐忘。1時間してその後就寝。
by yuugean | 2002-12-11 06:46 | 2002



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧