遊化の森

<   2004年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

時間

5時起床。洗顔、コーヒー沸かし。さまざまに「坐忘」の状況は変化していく。少し前から、あるインスピレーションがあって、いわば「天地呼吸」の改良版を試している。「天地呼吸」は「煉精化き」の段階で試していた呼吸法だが、現在の段階で行っている事は、「天地呼吸」の持っていく先をより地下深く、より天上高くもっていくこと。最初は「意識」で体内の「陽火」を脚の内側を通して地中深く通していく。最後に行き着くのは「マグマ」(のイメージ)。そこから今度はそれを持ち上げてきて身体を通し、督脈を通して天頂より天上高く1万m(のイメージ)まで上げる。今度はそこから「白光」に見える「気」が自分の体内めがけて落ちてくる。それを何度か繰り返していると、意識(イメージ)を使わなくてもひとりでに「気」の塊が、地中ー体内ー天上ー体内と言う風に往復しはじめる。そうすると天上には「自分の為」だけに巨大な気海が開かれ、地中には「自分の為」だけの「気海」があって、そこから無限にちかく「気」の塊が流れ込んでくるような様相となる。とうぜんこれはバーチャルな世界ではあるが、丁度この時期には、この修法が必要だった気がする。まったく自然の成り行きで始めたことだが、以前の「煉精化気」の時期ではここまで明確な「気」の感覚化はなかった。それともうひとつ実はここ2ヶ月ほどいわゆる「40肩」みたいになり左の腕を動かすとき場所によっては飛び上がるほど痛い。いろいろ試したが効き目はなく、友人なども「それは時期がきたら治る」という言い方をしていた。しかしこの新しい「天地呼吸法」をやっていくと、いくらか快方に向かっている。考えられる事は、これまでの修練で体内に「気」が溜まり、それが停滞し、いわば「偏差」のような形で出ていたのではないかということ。それを解決するには、この時期この「天地呼吸法」がむしろ必要だったと言う事ではないだろうか。これはまさに「気功」そのもので、「天地」の気を繰る端緒となるような気がする。「仙道内丹法」はひたすら内気を強化し、法身を固めていく修練だが、ここにいたり「内丹法」と「気功」の関係が垣間見えてきた気がする。ただそれも時期が来ないと始まらないのだろう。大気への「玄関」が開き、内気が充分に蓄積され、天地の「気」を濃密に感じるようになるには、その時期を待たなければならない気がする。
by yuugean | 2004-01-26 10:27 | 2004

風船画家

5時起床。洗顔、コーヒー沸かし。馬歩、一指禅、簡化式太極拳のほんの「さわり」で体をほぐす。これは今年に入り何となくやっている「気功」的修練。その後、上丹田、中丹田温養、坐忘、天地呼吸法改良型、出神、収修。これが現在の修練パターンになっている。「内丹法」とともに「気功法」の修練が続いている。7時15分家を出て、例の通り飯田橋のpで少憩。その後午前中はオフィス、昼食後午後から経済産業省。今日はその後、仕事が一段落した後、渋谷の松涛美術館で開かれている「谷中安規展」を見る。昭和初期、18歳で地方(奈良)からひとり上京し、東京で誰かのアパートに寄宿しながら、版画、カット絵などを描いた人。その作風は、時にムンクを思わせ、時に悪魔的な都会表現で、豊かなイメージにあふれ、怪奇でもあり、豊穣でもあり、怪しく、物狂おしく、モダンな表現は今も心を打つ。佐藤春夫、内田百間、日夏耽之介などに愛され、使われた。しかし生活をする事には不器用で、他人の温情でひょうひょうと生きるような日常で、内田百間は「風船画家」と称した。最後が心を痛める。昭和21年49歳で東京の北区中里で掘っ立て小屋に住み、栄養失調で死んだ。その作品を愛するコレクターは多く、死後も全国各地で保存されている。ひょっとしたら、棟方志功をしのぐぐらいの版画家であったかもしれないという指摘も有る。心に残る展覧会。夜例の通り小宴。その後、しばらく休憩し、11時すぎに坐忘、就寝。
by yuugean | 2004-01-23 10:28 | 2004

仕事が本格化?

5時起床。洗顔、コーヒー沸かし。今年もいよいよ始動の時を迎える。先週からわずかに始動していたのだが、本格始動は今週から。先週の三連休には冬の山陰の温泉三昧・魚三昧。雪も無い静かな数日だったが、帰った翌日から山陰は大荒れ模様となった。さて最も重要なのは仙道修行。最近は毎日、同じペースでの修練が続いている。十月末から「出神」にチャレンジし現在ですでに三ヶ月が過ぎた。現在試している事は、やはり「定像形成」にはまず何よりも「上丹田」「泥丸」への集中が第一ではないかと言う点。「法身」の固成のために全身にはりついている「法身」を意守する修練を進めてきているが、総括的な意守よりは、この時期はやはり「上丹田」中心の意守が肝心と思われる。そうすることで何らかの「形」がその中に現れてくる観がある。最近は「内身」「法身」を一方で固めながら、同時に「気」の放出についても修練。上丹田からは「第三の眼」を通じ、イメージとしては1万mまで直線の光を飛ばし、戻ってくる。次に「中丹田」でもダン中を中心に距離を徐々に伸ばし1万mの遠くへ光を飛ばす。「下丹田」はもっぱら「収縮の気」。いつも通り坐忘。いつもどおりゆっくりと「出神」。頭上の「質感」に添ってやhり「大周天」を三回やる。その後しばらく温養。周辺の「光」を「法身」に収め、ゆっくりと「法身」は脳内に入っていく。その後目を開けて「出神」は終わる。本格的な仕事スタートで仕事に精を出し、新しいプロジェクトを立ち上げていくのが目標。夜例のごとく12時過ぎに「坐忘」、その後就寝する。
by yuugean | 2004-01-19 10:30 | 2004

冬の山陰 温泉と魚

前日に引き続き松江しんじ湖温泉。朝4時過ぎ起床。坐忘、出神修練。今日はフリーの日。予定を決めていない。松江市内をあちこち見て回る。6時にホテルの温泉。その後食事。9時半ごろホテルを出て、松江駅。荷物をコインロッカーに入れてレトロないでたちの市内観光バスに乗る。まず松江城。比較的こじんまりした城だ。いろいろな展示品など興味深い。そのあと歩いて小泉八雲記念館。あの時代にはるばる日本まで来て職探しをした小泉八雲の心中には何が去来していたのか。興味がある。子供達も立派に育ったようで、いろいろな遺品が残されており興趣尽きない。昼食は近くの「京らぎ」。魚がおいしいという店で、たしかに安くおいしかった。その後バスに乗りカラコロ観(民芸館)などを経て松江に帰り、空港バスで再び出雲空港へ。4時半の東京行きで羽田へ。冬の山陰の温泉と魚を堪能した三日間だった。
by yuugean | 2004-01-12 10:31 | 2004

カニ尽くし

前日に引き続き松江しんじ湖温泉。朝4時過ぎ起床。坐忘、出神修練。これは旅先でも変わらない。6時に朝の温泉入浴が解禁になるので早速ホテルの温泉へ。今日は松江周辺を旅する。10時過ぎホテルから松江駅まで歩き、鳥取行きの電車で安来へ。お目当てはそこからバスが出ている足立美術館。この創立者は立志伝中の人で、大八車を引いて行商からスタート、戦後繊維景気で儲けて、次々に事業を拡げていった人。功なり名を遂げて、故郷に1万坪の庭を作った。新しい庭ではあるが、純和風で見事な手入れが行き届いている。周辺の山々を借景にし、時に枯山水、時に滝を作り、川を流し、多くの松など樹木を植栽し、見事な庭。それも家の四囲を四面の趣の違う庭が囲んでいる趣向になっている。茶室も三つくらい、大きさの違うものがそれぞれのたたずまいを見せている。建物は美術館になっており、そこには収集品が展示されている。横山大観に見るものあり。大観の大きさ、日本画と言うより、東洋画としての大きさを再認識した。この足立さんの生き様を見ていて、旧知のtさんの父親を思い出した。その方も大八車を引いて引き売りをし、繊維で当てて製薬会社、銀行、ショッピングセンターなど作られたが、銀行を任された息子(知人)が倒産し全ての企業を人手に渡してしまった。運というものもあるが、人生の厳しい一面を見る思い。その後、電車を逆行して玉造温泉へ。ここは昔から知られた大規模ホテルが立ち並ぶ温泉街。日帰り湯の温泉へ入り2時間を過ごす。その後松江に帰り、予約を入れておいた「かに料理」の店で松葉蟹フルコース。美味。焼カニ、鍋、刺身など全てカニ尽くしで堪能した。ホテルに帰りもう一度ホテルの温泉に入り寝る。寝る間に例のとおり坐忘30分。
by yuugean | 2004-01-11 10:34 | 2004

温泉

朝4時起床。坐忘、出神修練。4時50分家を出て5時過ぎの電車に乗る。6時半浜松町で待ち合わせ。羽田へ。8時の出雲空港行きの日本エアシステム便に乗る。連休を利用して山陰の魚を食べ、温泉を巡る旅。9時半出雲空港着。バスで早速出雲大社へ。遅ればせの初詣で。武運長久?、愛情運?の隆盛を祈る。何でもいいという感じ。初詣を終えて、レトロな駅舎の一畑電車で出雲市へ。ここで「出雲そば」。大正天皇に献上したという「献上そば」を市内に尋ねて、店に入る。レトロなお店。トイレの大正風が気に入った。お銚子二本と三段重ねの出雲・割子そば。1時過ぎ出雲市発の山陰線特急で、江津下車。バスで30分ほどの山の温泉・有福温泉へ。42度あって、薄めもしない純粋なかけ流し湯。ここでゆっくり2時間滞在、その後浜田へ出て、以前5年ほど前、仕事で来た時に、この時期の「鰤」のうまさに感激したので、同じ店へ行ったが、どうも板前が変わったのか様子が違う。鰤も無かった。しかし魚はまあまあで値段は安く一応満足。その後特急で出雲市に戻り、夜のしんじ湖畔を一畑電車で終点の松江しんじ湖温泉へ。もう一度ホテルの温泉に入り寝る。寝る間に例のとおり坐忘30分。
by yuugean | 2004-01-10 10:35 | 2004

定像の法

5時起床。新年になってはじめての記載。大晦日・元旦は家を離れて過ごした。おだやかな正月。今年は暮から新年にかけて快晴が続いている。日中も暖かく平穏な幕開けとなった。起床後、例のとおり洗顔、コーヒー沸かし。ここ最近はまず少し身体を動かす。馬歩、タントウ、その他種々の功法を約20分。体が少し温かくなり、指の先がじんじんとしてくる。腕や手をゆっくり動かし、「気」を掻き分けながら、手指に「気」の圧力が集まってくる。その後いつもどおり「坐忘」にはいる。そのあと「出神」。頭上の「質感」に添って「大周天」を三回やる。結局、ここでやっているのは「定像の法」。頭上に感じられる「質感」にそって「奇経八脈」をなぞる「大周天」を、その「質感」上で修練し、これを三回繰り返す。その後、「質感」の「像」の上丹田、中丹田、下丹田を順次温養していき、次第に「像」が明らかになってくる。これが「定像の法」。真言宗など仏教では同様の状況で「菩薩」「如来」など仏の姿を想定して、それに意念をかけ固成させるが、「仙道」では、それは修行者自身の姿であり、それに意念をかけて固成をはかる。その後温養。そして周辺の「光」を「法身」に収め、ゆっくりと「法身」は脳内ー体内に納める。しばらくそのまま「法身」を体内を温養して「出神」は終わる。今年の正月は休み返上で、三月中に仕上げなければならない仕事に取りかかっているが、いまのところは予定とおり。いま頑張って、10日から「出雲・石見」へ行き寒ぶり、松葉蟹と温泉三昧の旅をゆっくり楽しむ積り。夜は例のごとく12時過ぎに「坐忘」、その後就寝する。
by yuugean | 2004-01-02 10:36 | 2004



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧