遊化の森

<   2004年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

無人為天然

5時起床。金曜日というのは、以前はなんとなく「うれしく」感じたものだった。週の終わり、明日はまる一日修練できる、時間を気にせず「坐忘」をしていてもいいと思うと心の余裕が生まれたものだった。いまはしかし、そうはいかない土曜日もたいがい出ずっぱりで何かやるべき仕事がある。きょう起きて、コーヒー沸かしの後、相変わらずの「儀式」を済ませ、いつもどおり、「坐忘」-「出神」。いつものとおり朝の修練。その中で天からの声?があり、ふと「無人為天然」というフレーズが天下ってきた。すなわちこれは「人為を無くし、天のなすままに任せる」とでもいおうか。いまの「修練」の要諦だと思う。前段階の「天地呼吸」においても、まず足から地中に「気」がおりていくが、これも自然に任せる。決して「人為」を加えない。また地中の「底」に到達して、こんどは下から「地」の「気」が湧き上がってくるのを、いつまでも待ち、決して「人為」を加えない。同様にその「気」が督脈を通り、天頂から「天」に向かって行くときも自然に任せ決して人為を加えず、この「気」が「天」に到達して下に下りてくるときも人為を加えずに、自然の「動意」を待って下ってきた「気」の柱を体内に入れるのも人為を加えない。「出神」も同様で、まず「光」の輪(あるいは球)が体内から出て行くがそれも決して人為でひっぱたりしない。その後「胎」が出て行くが、これも自然に動き出し、ゆっくりと自然に体外に出て行くまで待ち、人為を加えない。「収神」も同様で「人為を無くし天の姿のままに任せる」、これすなわち「無人為天然」のこころ。
by yuugean | 2004-12-18 16:51 | 2004

龍の姿

時起床。このごろ忙しいせいか、家でいつの間にか眠っていることがある。昨夜もコタツで10時ごろに眠ってしまい、気がついたら2時を過ぎていた。ベッドに入りなおして、寝たもののもうこうなると頭が冴えきって眠れない。覚悟を決めて、ベッドの中で、「気」を体内にめぐらして、4時になったらベッドを離れた。最近はこういうことが何度かある。結局あまり多くの時間眠っていないが、3時間でも4時間でも眠れば、あまり疲れない。昔は、あまり眠らないと次の日、仕事にはならなかったが、いつもどおり普通にやっていけるようになった。朝起きてコーヒー沸かし、洗顔、歯磨き。いつもどおり自家製にんにく酒少々。自家製ヨーグルトに黒ゴマ・きな粉、蜂蜜、ブルーべリーを混ぜたもの。それから若干のいつもの「儀式」。その後いつもどおり、「坐忘」-「出神」。いつものとおりの朝の修練。このところ、その前段階でやっているのは「天地呼吸」。まず足裏から、地中深く「気」の感覚をおろしていく。どんどんおろして地球の中心までいく気持ち。そういて待つと、やがて下から「地」の「気」がわきあがって来る。感じ方は日によって若干違うが「地」の「気」が勢いよく湧き上がり、足を伝わり、仙骨から、督脈に入り頭頂へと向かう。頭頂から今度は天に向かって上昇。天の中心に向かう感じで昇っていくと、「天」の「気」と合体。しばらく保持すると、今度は「天」の「気」が頭頂に向かって下降を始める。それはおおむね、白い光の「柱」となって頭頂に降り注ぎ突き刺さり、体中に入ってくる。頭ー肩ー腕ー胴ー足と白い「光」が染み渡っていく。これの繰り返しを五回。いい気分になる。古伝仙道では、これを「大周天」という場合もあるようだが、それは「金液還丹」という修練とダブっているからではないかと思われる。「金液還丹」ではその「光」を「奇経八脈」に周流させるから、「大周天」という言い方もできると思われる。中国で「気」の流れるさまは「龍」の動きに例えられているが、実際「龍」という想像上の動物は宇宙「気」を見て思いついたに違いない。「天地呼吸」で地中から体内にはいり、天に昇る「気」の流れのさまは、「昇り竜」そのものだし、天から降りてくる白い「気」の流れは白龍が下るさまに等しい。そのときふと思ったのだが、高藤さんの本で言われている「大周天」というのは、この「金液還丹」全体の修練のなかの「督脈」の部分をそう呼んだものではないだろうかという点だ。その後オフィスへ行くまでに満員電車のなkで「出神」うぃ1回、また昼食後、喫茶店で1回、その後霞ヶ関へ行く地下鉄のなkで1回。合計4回しかできていないが、まあこの状況ではやむを得ない。仕事を終わり、家に帰ったのは10時だった。
by yuugean | 2004-12-14 16:49 | 2004

太極拳の日

  5時起床。いつものとおりの日曜日。今日は暖かく24度まで気温があがるという。やはり師走。土日にかけて、仕事をひとつ完成させる予定でデータをメールでオフィスから送り、それを開くソフトもインストールしたが、マニュアルをオフィスにおいたままで、そこに認識番号が添付してあったので、結局ソフトが開けず、データも開けない。何か少しちぐはぐになってしまった。それで前準備のデータ作りをして、なんとなくお茶を濁した感じ。
  朝早速いつもどおり、「坐忘」-「出神」。いつものとおり朝の修練。どういう状況でも、早朝と深夜寝る前の修練は欠かさない。それが肝心なことと考えている。その間の修練は日によって回数が変わる。これも原則4回ぐらいにしてあとはあまりこだわらない。そういう方針でやっていかないと、仕事と修練同時に優先の生活はできない。「出神」でやっていることは、結局本来の「意識」を「陽神」のなかに刷り込む「転写」の作業ではないかという気がする。そのための「定像化」であり「温養」であるように思う。
  きょうは「太極拳」の修練。いつもどおり2時間、たっぷりと八段錦、伸展法、簡化式、高力拳、老架式の修練。やはりこの頃は老架式がだんだんと楽しくなってきている。呼吸を合わせていけば、おのずから気が回る。それが手に取るようにわかる。終わって「万世」でビールつき昼食。その後家に帰って入浴して小宴。今夜は外でやることにして8時過ぎ終了。その後自宅でテレビなど見ながら何となく時間は過ぎて12時前、「坐忘」の後就寝。
by yuugean | 2004-12-05 18:44 | 2004

転写

時起床。いつものとおりの日曜日。今日は暖かく24度まで気温があがるという。やはり師走。土日にかけて、仕事をひとつ完成させる予定でデータをメールでオフィスから送り、それを開くソフトもインストールしたが、マニュアルをオフィスにおいたままで、そこに認識番号が添付してあったので、結局ソフトが開けず、データも開けない。何か少しちぐはぐになってしまった。それで前準備のデータ作りをして、なんとなくお茶を濁した感じ。朝早速いつもどおり、「坐忘」-「出神」。いつものとおり朝の修練。どういう状況でも、早朝と深夜寝る前の修練は欠かさない。それが肝心なことと考えている。その間の修練は日によって回数が変わる。これも原則4回ぐらいにしてあとはあまりこだわらない。そういう方針でやっていかないと、仕事と修練同時に優先の生活はできない。「出神」でやっていることは、結局本来の「意識」を「陽神」のなかに刷り込む「転写」の作業ではないかという気がする。そのための「定像化」であり「温養」であるように思う。きょうは「太極拳」の修練。いつもどおり2時間、たっぷりと八段錦、伸展法、簡化式、高力拳、老架式の修練。やはりこの頃は老架式がだんだんと楽しくなってきている。呼吸を合わせていけば、おのずから気が回る。それが手に取るようにわかる。終わって「万世」でビールつき昼食。その後家に帰って入浴して小宴。今夜は外でやることにして8時過ぎ終了。その後自宅でテレビなど見ながら何となく時間は過ぎて12時前、「坐忘」の後就寝。
by yuugean | 2004-12-05 16:48 | 2004

回数

いよいよ12月。寒さ一段と募る。師走。この頃はこういう言い方もしなくなったが、なにか気ぜわしい感じなのは、やはり師走。11月に新しいプロジェクトを始め、なにもかも一新。そこへもって来て、長年親しんだデスクトップ・パソコンがダウン。救えなかった一部データをどうやって復旧するか、少し心が重い。11月から、1日7回の「出神」をやるべきだが、せいぜい4回どまり。早朝起床して、いつものとおり朝の修練。そして出勤時、電車の中、そして地下鉄の中。少し立て続けという感じだが、やむを得ない。その分回数が稼げる感じだが、さらにその後昼食後に喫茶店で1回「出神」の修練をし、その後仕事で外出時にさらにもう一度。今日は出先の役所のロビーの片隅で20-30分ほどこれに費やした。回数が増えるにしたがって、それがひとつの習慣となる。なにかそれをやらないと気持ちが悪い。下丹田、中丹田、上丹田に順に「回光」すること五回。意識の変性状況が現れると、出神が始まる。早朝の1回目はまだ目覚めていないのか動きが鈍いが、回数が増えていくに従って次第に形が明確になり、「固く」なっていく。このときいつも、この「意識体」に意識をかけ「定像化」、さらにこの「定像」の中に意識を注いでいく。次第に頭の背後の「光の壁」が広がり、それに対して「回光」する「壁観」の修練。「出神」を終えて「収神」に移るが、この時のマニュアルは、まず上丹田ー中丹田ー下丹田の順でしばらく温養しながら収めて行き、最後に順序を逆に上って「上丹田」に収める。
by yuugean | 2004-12-01 11:30 | 2004



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧