遊化の森

<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

与謝蕪村

 この調子でいけば今年は「空梅雨」。梅雨前線はまだ太平洋上にあって、列島までは上がってきていない。というより北の高気圧が頑張っていて、通常日本列島の上に1ヶ月以上も停滞する梅雨前線は海上に厚くかかっている。ただその雲の層の広がりは、日本列島の上にまで広がっていて、曇りの日が続いている。入梅で雨が続いていた沖縄もそろそろ「梅雨明け」だという。やはり気候の軸が狂ってきている。昨夜、3チャンネル与謝の蕪村の「屏風絵」を特集していた。  あの時代、おそらく市中に埋もれて生きていた与謝の蕪村。その芸術だけが、現在も光芒を放っている。いつの場合もそうだが、生きている時代、蕪村はいわば放浪の生活を送り、地方の有力者に飲食の世話になりながら代償に「絵」を描いた。当然当時も俳人として、画家として知られた存在だったが、現在の我々が見る評価よりもはるかに低い評価しか受けていなかったことだけは確か。それでも蕪村は決して手を抜かなかった。その技術の確かさ、高さは当時の人達には見えていない。これはいつの時代もそうだ。現在もまた、つまらないものがもてはやされ真の守るべきものはなおざりにされている。
  それを見抜くには時代を超えた「目」が必要だが、同時代人はしばしば「流行」「トレンド」に目を奪われ、時代を超えて残るものとは何かという「視点」を忘れている。これはいつの時代もそう、どの国でもそうだ。当時の人は誰も「ゴッホ」の真価を知らなかったが、死後時間が経つとともにその存在は大きくなる。ゴーギャンだって結局タヒチに逃げて、その絵のすばらしさが正統に評価されるようになるのは死を待たなければならなかった。
  それはともかく朝4時に起き、コーヒー沸かし「坐忘」。「坐忘」から「無為自然」状況に入り、「無為自然」のまま「出神」。このところ感じるのは、「意識」がさらに澄んできた感じがあること。間雑物がなく、「陽神」はからだの隅々まで賦存して一体であり、澄んでいる。これはあるいは一時的な天候の影響による現象かも知れないが、そういう感じが出てきている。現在「出神」は一日4-5回やっているが、当然通勤電車の中、満員の地下鉄の中でつり革につかまりながら「出神」-「収神」をやらなければならなくなる。最初はいささか戸惑いがあったがもう慣れてしまって、一種の習慣になっている。もちろん周辺を遊歩するのは自宅での早朝の「出神」の時のみ。満員の地下鉄の中での15分や、その前の座席に座っての20分ほどは、「出神」ののち、頭頂周辺の「光の輪」のなかに「陽神」を入れ、しばらく温容。そののちに「収神」。それを15分ぐらいの間にやってしまう。これはもう毎日の習慣で本人には何の違和感もないが、周囲の人達はどうなんだろう。今年いっぱいは夜間の「出神」はやらないが、来年になれば夜間にもやることになり、遊歩の距離や時間を延ばすこともできるようになるだろ。
by yuugean | 2005-06-20 19:32 | 2005

車中出神

この調子でいけば今年は「空梅雨」。梅雨前線はまだ太平洋上にあって、列島までは上がってきていない。というより北の高気圧が頑張っていて、通常日本列島の上に1ヶ月以上も停滞する梅雨前線は海上に厚くかかっている。ただその雲の層の広がりは、日本列島の上にまで広がっていて、曇りの日が続いている。入梅で雨が続いていた沖縄もそろそろ「梅雨明け」だという。やはり気候の軸が狂ってきている。昨夜、3チャンネル与謝の蕪村の「屏風絵」を特集していた。あの時代、おそらく市中に埋もれて生きていた与謝の蕪村。その芸術だけが、現在も光芒を放っている。いつの場合もそうだが、生きている時代、蕪村はいわば放浪の生活を送り、地方の有力者に飲食の世話になりながら代償に「絵」を描いた。当然当時も俳人として、画家として知られた存在だったが、現在の我々が見る評価よりもはるかに低い評価しか受けていなかったことだけは確か。それでも蕪村は決して手を抜かなかった。その技術の確かさ、高さは当時の人達には見えていない。これはいつの時代もそうだ。現在もまた、つまらないものがもてはやされ真の守るべきものはなおざりにされている。それを見抜くには時代を超えた「目」が必要だが、同時代人はしばしば「流行」「トレンド」に目を奪われ、時代を超えて残るものとは何かという「視点」を忘れている。これはいつの時代もそう、どの国でもそうだ。当時の人は誰も「ゴッホ」の真価を知らなかったが、死後時間が経つとともにその存在は大きくなる。ゴーギャンだって結局タヒチに逃げて、その絵のすばらしさが正統に評価されるようになるのは死を待たなければならなかった。それはともかく朝4時に起き、コーヒー沸かし「坐忘」。「坐忘」から「無為自然」状況に入り、「無為自然」のまま「出神」。このところ感じるのは、「意識」がさらに澄んできた感じがあること。間雑物がなく、「陽神」はからだの隅々まで賦存して一体であり、澄んでいる。これはあるいは一時的な天候の影響による現象かも知れないが、そういう感じが出てきている。現在「出神」は一日4-5回やっているが、当然通勤電車の中、満員の地下鉄の中でつり革につかまりながら「出神」-「収神」をやらなければならなくなる。最初はいささか戸惑いがあったがもう慣れてしまって、一種の習慣になっている。もちろん周辺を遊歩するのは自宅での早朝の「出神」の時のみ。満員の地下鉄の中での15分や、その前の座席に座っての20分ほどは、「出神」ののち、頭頂周辺の「光の輪」のなかに「陽神」を入れ、しばらく温容。そののちに「収神」。それを15分ぐらいの間にやってしまう。これはもう毎日の習慣で本人には何の違和感もないが、周囲の人達はどうなんだろう。今年いっぱいは夜間の「出神」はやらないが、来年になれば夜間にもやることになり、遊歩の距離や時間を延ばすこともできるようになるだろ。
by yuugean | 2005-06-20 16:26 | 2005

 朝5時に起き、コーヒー沸かし以下はいつもの通り。そして「坐忘」、「天地呼吸」、「無為自然」状況になるが、できるだけ「自然」の状態のなかで「出神」。ひとりでに立ち上っていくまで待つ事にしている。その日の状況で、なかなか上がっていかない状況もあるが、それでも待つ。一定の行路を経て再び天頂で「無為自然」のまま「収神」。
  この間から2-3日なにか「陽神」が泡立つ感じがあって、その理由も心当たりがなかったが、今朝は今までどおり、澄んだ感じになった。こういった修練がいつまで続くのかという気もするが、倦まず弛まず、ただ修練するのみ。雨の日はやはり空気中の水分に「気」が寄せられるのか、体内に入る分が少なくなると見えていつもよりはおなかが空く。空くといっても「通常」よりははるかに少しだが、「雨」は確かに「気」の状態を変えている。
by yuugean | 2005-06-16 08:08 | 2005

やはり梅雨はやってきた。そして梅雨寒も。いつ雨がふるかも分からない状態で、傘が手放せない。朝5時に起き、コーヒー沸かし以下はいつもの通り。そして「坐忘」、「天地呼吸」、「無為自然」状況になるが、できるだけ「自然」の状態のなかで「出神」。ひとりでに立ち上っていくまで待つ事にしている。その日の状況で、なかなか上がっていかない状況もあるが、それでも待つ。一定の行路を経て再び天頂で「無為自然」のまま「収神」。この間から2-3日なにか「陽神」が泡立つ感じがあって、その理由も心当たりがなかったが、今朝は今までどおり、澄んだ感じになった。こういった修練がいつまで続くのかという気もするが、倦まず弛まず、ただ修練するのみ。雨の日はやはり空気中の水分に「気」が寄せられるのか、体内に入る分が少なくなると見えていつもよりはおなかが空く。空くといっても「通常」よりははるかに少しだが、「雨」は確かに「気」の状態を変えている。
by yuugean | 2005-06-10 16:27 | 2005

素質

  すでに6月となった。梅雨前線はまだ太平洋上にあって、列島までは上がってきていない。沖縄だけが入梅している状況だが、このところ東京周辺は天気がぐずつき「雨もよい」の日が多い。実質的には「入梅」かも知れない。それで今日も曇り空、時々雨という状況。朝5時に起き、コーヒー沸かし以下はいつもの通り。そして「坐忘」、「天地呼吸」。「坐忘」の状態が進むと、「無為自然」状況になるが、これは言葉ではあらわしにくい。「無為自然」のなかで「出神」。その後いつもどおり一定の行路を経て再び天頂で「無為自然」のまま「収神」。これが現在の修練の根幹となっているが、ここで「出神」「収神」の過程の中で留意しなければならないことが判明した。それは「仙骨」の部位と「扁桃」(咽喉の奥)の部位。結局「仙骨」は下肢部分の出し入れの「経路」であり、「扁桃」は中丹田周辺から上肢にかけての出し入れの「経路」。したがってここに何らかの形の「気」の滞留が起こりやすく、適度に別に「通気」の修練を行うことが必要だということ。
  私の場合、「上丹田」のみの「出し入れ」ではなく、全身の出し入れをやっているので、そういう状況が生まれるのかも知れないが、これはさらに考察を要する問題。それはともかく、最近思うことのひとつ。それは「仙道」において果たして「弟子入り」のようなことはあるのか、どうかということ。「仙道内丹法」は「小周天」までの「基礎」はともかく、その後の重要な部分は内面の「意識」の修練であり、それにはどうも誰でも向いているという類のものではないように思われる。向いていなければ、いくら踏ん張っても修練の進展はおぼつかない。
  踏ん張れば力が入るだけで、到達点からさらに遠のく可能性がある。話に聞いたところでは、ある中国の練達者は周辺にこの方を慕って何人か集まってきても、何も「教えない」。ただ一緒に「導引」「太極拳」をやっているだけ。何時間も、何日もそうで、そこで会得するものは、居続けるし、何かを伝授されることを期待して集まっただけのものは去る。確かに古い伝聞によると、逆に「仙人」の方から近づいてきて「教える」という話の方がはるかに多いように思う。つまりいわゆる「仙人」は自分を継ぐことのできる人間の「素質」を見ていて、そういう人間(多くは少年)を見つけると自分の方から近づいて教える。それが多くの場合の「伝授」のパターンであるように思う(中国の道院のような場合は別だとしても)。それではどういう「素質」を探しているかというと、幼くして「素直であり、無私であること。感受性強く、聡明であること」(そんな人間はザラにはいないが)。彼らは多分逆にそういう「素質」を探しており、今もひょっとしたら、そうであるかもしれない。そういう「素質」が備わっていないと、この道は遠くはいけない、高くは上れない。それが解かっているからだという気がする近頃。それではお前はどうなんだという声が聞こえそうだが、第一私はすでに「少年」ではないし、別に「超能力」や「仙人」を目指しているわけでもない。ただ「意識」と「身体」、あるいは「生命」に純粋な関心があって、その「実験」を自分の身の上で試しているに過ぎない。その「実験」が少しずつ面白くなってきたというに過ぎない。
by yuugean | 2005-06-03 19:36 | 2005

すでに6月となった。梅雨前線はまだ太平洋上にあって、列島までは上がってきていない。沖縄だけが入梅している状況だが、このところ東京周辺は天気がぐずつき「雨もよい」の日が多い。実質的には「入梅」かも知れない。それで今日も曇り空、時々雨という状況。朝5時に起き、コーヒー沸かし以下はいつもの通り。そして「坐忘」、「天地呼吸」。「坐忘」の状態が進むと、「無為自然」状況になるが、これは言葉ではあらわしにくい。「無為自然」のなかで「出神」。その後いつもどおり一定の行路を経て再び天頂で「無為自然」のまま「収神」。これが現在の修練の根幹となっているが、ここで「出神」「収神」の過程の中で留意しなければならないことが判明した。それは「仙骨」の部位と「扁桃」(咽喉の奥)の部位。結局「仙骨」は下肢部分の出し入れの「経路」であり、「扁桃」は中丹田周辺から上肢にかけての出し入れの「経路」。したがってここに何らかの形の「気」の滞留が起こりやすく、適度に別に「通気」の修練を行うことが必要だということ。私の場合、「上丹田」のみの「出し入れ」ではなく、全身の出し入れをやっているので、そういう状況が生まれるのかも知れないが、これはさらに考察を要する問題。それはともかく、最近思うことのひとつ。それは「仙道」において果たして「弟子入り」のようなことはあるのか、どうかということ。「仙道内丹法」は「小周天」までの「基礎」はともかく、その後の重要な部分は内面の「意識」の修練であり、それにはどうも誰でも向いているという類のものではないように思われる。向いていなければ、いくら踏ん張っても修練の進展はおぼつかない。踏ん張れば力が入るだけで、到達点からさらに遠のく可能性がある。話に聞いたところでは、ある中国の練達者は周辺にこの方を慕って何人か集まってきても、何も「教えない」。ただ一緒に「導引」「太極拳」をやっているだけ。何時間も、何日もそうで、そこで会得するものは、居続けるし、何かを伝授されることを期待して集まっただけのものは去る。確かに古い伝聞によると、逆に「仙人」の方から近づいてきて「教える」という話の方がはるかに多いように思う。つまりいわゆる「仙人」は自分を継ぐことのできる人間の「素質」を見ていて、そういう人間(多くは少年)を見つけると自分の方から近づいて教える。それが多くの場合の「伝授」のパターンであるように思う(中国の道院のような場合は別だとしても)。それではどういう「素質」を探しているかというと、幼くして「素直であり、無私であること。感受性強く、聡明であること」(そんな人間はザラにはいないが)。彼らは多分逆にそういう「素質」を探しており、今もひょっとしたら、そうであるかもしれない。そういう「素質」が備わっていないと、この道は遠くはいけない、高くは上れない。それが解かっているからだという気がする近頃。それではお前はどうなんだという声が聞こえそうだが、第一私はすでに「少年」ではないし、別に「超能力」や「仙人」を目指しているわけでもない。ただ「意識」と「身体」、あるいは「生命」に純粋な関心があって、その「実験」を自分の身の上で試しているに過ぎない。その「実験」が少しずつ面白くなってきたというに過ぎない。
by yuugean | 2005-06-03 16:28 | 2005



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧