遊化の森

<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅雨の一日

  梅雨はやはりやってきた。各地で被害も出始めた。毎日の修練のなかで、「天花乱墜」、「天頂開」、「五気朝元」に至ると、いよいよその次は「三華聚頂」。「坐忘」の中で「五気朝元」を終わり、「下丹田」「中丹田」「上丹田」を少しの間温養。そのあと、「下丹田」の「真気」を上丹田に上げていくのだが、これはかって「移胎」の時にやった要領で下丹田は自然にしていると次第に自ずから上がり始めるが、「天眼」にぶつける感じで、上げて「上丹田」と合体する。
  次に「中丹田」を守意すれば、自ずから上昇をはじめ、そのまま「上丹田」の中に入り合体する。中丹田が上丹田と合体すると、後頭葉の周辺から一種の「光」が発する。それは時に黄金、時に白光。その光は頭頂全体に広がるので、しばしそのまま座す。その「光」のままに座すと快適な感じが出てくる。しばらくした後、泥丸に一種の圧力体が現れるので、これに意を注ぐ。そうすると「胎」は一層具体的になり、かすかな「形態」が圧力を伴って現れてくる。しばし温養して、同時に全身から「気」を集める。これは「五気」のような「陰」に属する「気」で、この「陰」が、上・中・下丹田の「陽」と合体することで、「形態」感が濃くなってくる。その後、「天頂」の「ハッチ」を開け、頭上に一種の「ガイドライン」を設ける。それで「出神」の準備が整ったことになる。
by yuugean | 2006-06-29 21:21 | 2006

三華集頂

梅雨はやはりやってきた。各地で被害も出始めた。毎日の修練のなかで、「天花乱墜」、「天頂開」、「五気朝元」に至ると、いよいよその次は「三華聚頂」。「坐忘」の中で「五気朝元」を終わり、「下丹田」「中丹田」「上丹田」を少しの間温養。そのあと、「下丹田」の「真気」を上丹田に上げていくのだが、これはかって「移胎」の時にやった要領で下丹田は自然にしていると次第に自ずから上がり始めるが、「天眼」にぶつける感じで、上げて「上丹田」と合体する。次に「中丹田」を守意すれば、自ずから上昇をはじめ、そのまま「上丹田」の中に入り合体する。中丹田が上丹田と合体すると、後頭葉の周辺から一種の「光」が発する。それは時に黄金、時に白光。その光は頭頂全体に広がるので、しばしそのまま座す。その「光」のままに座すと快適な感じが出てくる。しばらくした後、泥丸に一種の圧力体が現れるので、これに意を注ぐ。そうすると「胎」は一層具体的になり、かすかな「形態」が圧力を伴って現れてくる。しばし温養して、同時に全身から「気」を集める。これは「五気」のような「陰」に属する「気」で、この「陰」が、上・中・下丹田の「陽」と合体することで、「形態」感が濃くなってくる。その後、「天頂」の「ハッチ」を開け、頭上に一種の「ガイドライン」を設ける。それで「出神」の準備が整ったことになる。
by yuugean | 2006-06-29 17:26 | 2006

太極拳の日

  太極拳を木曜日に練習するようになって三ヶ月がすぎた。もともと日曜日は家に持ち込んでやる臨時の仕事が入ることが多く、少々苦痛になっていたが、木曜日に変ってからは土曜日・日曜日がフルに使えるようになった。今回のグループは皆20数年太極拳をやっているベテラン揃いだから教わることも多い。
 内丹修練は相変わらずだが、今月から「タオ内丹ワークショップ」を開始した。以前からの構想を実現に移したまでだが、タオ内丹法をやって、私がこれまで習得したり、工夫したりして進めてきた、修練の実際をたとえ少数の人にでも、この際伝えておきたい。そういう思いからスタートしたもの。ところで現在の毎日の修練のなかで、「天花乱墜」にはじまり、「天頂開」を行ったあと、「五気朝元」にはいる。これもまた、伝統的内丹法で行われていた修練。「鐘呂派」等を見ると、むしろこれが「内丹法」の原点であるような気がする。「五気朝元」は、「天頂開」をやったあと、まず脾臓ー肺臓ー心臓ー肝臓ー腎臓の順にしばらくの間「温養」を行う。それを三回おこなったあと(これは五臓をめざめさせるため)、もう一度、脾臓ー肺臓ー心臓ー肝臓ー腎臓の順でそれぞれの「気」を集めていき、腎臓から「督脈」に入り「天頂」に運ぶ。
  すでに「天頂開」で開いているので、そこから外に出すと、ひとりでに上昇していく。そしてかなり上昇した段階で「五臓」を司る「五行神」に帰していく。ここはイメージで行うが、よく「仙道書」に書かれている「五行神」が頭上に現れている図は、この状況を示している。この、「五気朝元」は、その後に続く「出神」の準備段階だといえる。「五気朝元」によって「出神」のルートが開かれ、「三華聚頂」「出神」へとつながっていく。
by yuugean | 2006-06-23 21:19 | 2006

五気朝元

太極拳を木曜日に練習するようになって三ヶ月がすぎた。もともと日曜日は家に持ち込んでやる臨時の仕事が入ることが多く、少々苦痛になっていたが、木曜日に変ってからは土曜日・日曜日がフルに使えるようになった。今回のグループは皆20数年太極拳をやっているベテラン揃いだから教わることも多い。内丹修練は相変わらずだが、今月から「タオ内丹ワークショップ」を開始した。以前からの構想を実現に移したまでだが、タオ内丹法をやって、私がこれまで習得したり、工夫したりして進めてきた、修練の実際をたとえ少数の人にでも、この際伝えておきたい。そういう思いからスタートしたもの。ところで現在の毎日の修練のなかで、「天花乱墜」にはじまり、「天頂開」を行ったあと、「五気朝元」にはいる。これもまた、伝統的内丹法で行われていた修練。「鐘呂派」等を見ると、むしろこれが「内丹法」の原点であるような気がする。「五気朝元」は、「天頂開」をやったあと、まず脾臓ー肺臓ー心臓ー肝臓ー腎臓の順にしばらくの間「温養」を行う。それを三回おこなったあと(これは五臓をめざめさせるため)、もう一度、脾臓ー肺臓ー心臓ー肝臓ー腎臓の順でそれぞれの「気」を集めていき、腎臓から「督脈」に入り「天頂」に運ぶ。すでに「天頂開」で開いているので、そこから外に出すと、ひとりでに上昇していく。そしてかなり上昇した段階で「五臓」を司る「五行神」に帰していく。ここはイメージで行うが、よく「仙道書」に書かれている「五行神」が頭上に現れている図は、この状況を示している。この、「五気朝元」は、その後に続く「出神」の準備段階だといえる。「五気朝元」によって「出神」のルートが開かれ、「三華聚頂」「出神」へとつながっていく。
by yuugean | 2006-06-23 17:27 | 2006

頂門開

はや六月、五月の、なんとなくけだるい感じの気候も移っていって、梅雨待ちの、雨を含んだ大気の様子が感じ取れるこのごろ。「修練」は確実に前に進んでいると思う。というのは「坐忘」の感じが、四月ぐらいからさらに深化してきて、「統覚」感が一層強まった。ただ瞑目して、何も足さず引かず、じっとしていると自然が体内と周辺で動意を示し始め、仏教で言う「妙法」という状況が、ごく自然に出て、それがずっと続いている。それが常時という気さえしてくる。その状態のなかから、「天地呼吸」「大周天」を前段階として「天花乱墜」「五気朝元」「三華聚頂」「出神」「収神」と続いていく。「天花乱墜」もそうだが、「五気朝元」もまた、伝統的内丹法では行われていたが、「伍柳派」ではあまり、表立ってはやらない感じがする。しかし、「伍柳派」よりも時代的に新しい、むしり現代の千峰系では「天花乱墜」「五気朝元」「三華聚頂」など伝統手法を取り入れている。私もいまはこの手法で修練しているが、これは「出神」などに際しての示唆が豊かであると思うからだ。さて、「五気朝元」の実際だが、そのまえに「天頂開」を行う。これは、「伍柳派」では「自然に開く」として多くを語らないが、私がいまやっているのは「天花乱墜」の後に、この項目をひとつ設けている。チベット仏教の「天頂開」に習ったもので、頭上の仏と修練者の体内とを結ぶ木のパイプを思い描き、その中を光が上下する様子をイメージ。これを五回ぐらい行ってイメージが出てくれば、「統覚」の中で天頂のハッチを開ける。「天頂開」は、その後の「五気朝元」「三華聚頂」をスムーズに運ぶための、ひとつのステップとして重要。
by yuugean | 2006-06-10 17:29 | 2006



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧