遊化の森

<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

無為自然

今年は長い間涼しい時期が続いていたが、梅雨が例年より遅くに終わると、途端に猛暑となった。それも連日の猛暑で列島の中で「熱中症」死が毎日相次いでいる。やはり異常気象なのだろうか。北極の氷も薄くなっているという報告もあった。昨年来「仙骨痛」に悩まされてきたが、薄皮を剥ぐように毎日痛みは少なくなっている。いまは仙骨の「最後の」部分に若干の痛みがある程度、この感触でいくとあと10日もすれば、この1年間何かと悩まされ続けてきた、身体の中央から下半身の痛みも全て霧散する可能性もある。最初は膝関節周辺だった。これは、多分「太極拳」などで無理な姿勢をとり続けてきたことへの「自動修正」が行われたのだと思う。三ヶ月ほど続き収まった。次は「大腿骨骨頭」部分の執拗な痛み。これは約半年続いた。多分この部分は私生来の欠点の部分で、痛みは「自動修正」の為だったと思う。膝も大腿骨も3-6ヶ月ほど痛んだ後は完全に自然回復して全然痛みはなくなった。ここ1年近い「仙骨」のさまざまな痛みも、その一環だと思っていたが、あまりにも長いので正直何か「重篤な病気」を疑ったこともある。しかし現在の様子では、あと10日もすれば「自動修正」が終わりそうな感じで、多分「仙骨」が最後になるだろう。仙道修練を続けてきて、最初は「内臓」が「自動修正」され、「無病」の状態となった。次いで「筋肉」。最後にきた「自動修正」が「骨」だった。いうなればこれは「めんげん現象」と同様で、完全に良くなるために、一時的に悪い状態が出てくる現象。おそらく「仙骨」を最後に自然回復作業は全て終わる。ただ、このことは「仙道」のどのテキストにも書いていない。それで迷ったときもあったが、多分それも終わるだろう。金剛不壊の身体に向かう第一歩という気がする。現在の修練は再び「坐忘」-「大還丹」-「五気朝元」-「三華聚頂」ー「慧光」ー「出神」ー「タオとの一体化」-「収神」という修練。ほぼこれまでと同様だが、3ヶ月ぐらい前から「出神」の後「陽神」を出して、しばらく「固定化」し、さらに広げて太空に馴染ませていく。空間を超越して、次いで「タオ」そのものが体内に流れ込んでくる。体内と体外との外壁も取り払われて繋がり、大気が行き来する感じとなってくる。やがてそのまま「無為自然」の状態を続けると、皮膚は心なしか「炎」を帯びて燃え始め、それが全体内に及んで「神火」が体内から天頂へと立ち上っていく。この先に多分「還虚」があり、「合道」がある。「虚空粉砕」というのにも近づいているかもしれない。「虚空粉砕」で粉砕するするのは「虚空」ではなく、「己身」だ。現在私は「面壁九年」の中で、それが終わるにはあと1年余を残しているが、すでに次の段階の「還虚合道」の一部が始まっている気がする。すべて「無為自然」の中、「坐忘」の中で。
by yuugean | 2007-08-17 18:23 | 2007



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧