遊化の森

<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

辻堂

 14日にM君の鎌倉のお宅へ慰霊に行った帰り、脚を伸ばして辻堂まで行った。鎌倉駅は若い海水浴客でごった返していた。その中を掻き分け、電車に乗り大船駅で乗り換えた。
 辻堂は、もう30年も前に住んでいた場所。新聞社の先輩のNさんの自宅があり、しばらく会っていないのでご家族にも会いたかった。そもそも私が辻堂に住んだのは、Nさんの紹介でPR会社のK社にスカウトされ、大阪から転居してきた時にNさんが見つけてくれたのが、辻堂のアパートだった。当時は木造で階下に1DK、二階に6畳がある2DKだった。
 大阪からここに引っ越して、東京駅前のK社まで毎日通勤した。長男が生まれたのもここにいる時だった。長男は子供のころからやんちゃで、1-2歳のころは近所の総合病院まで行って、その前を走る東海道線が走ってくるのを見たがった。時には踏み切りまで歩いていくと聞かなかった。電車が近づいてきた時などははらはらした。
 2-3歳になると、駅のそばの東光ストアに行きたがった。お目当ては5階の玩具うりばにある「ミニカー」だった。日曜ごとに連れて行くようせがんだ。そして何か1台買わないと床にねっころがって言うことを聞かなかった。そのうち、家にはミニカーの山が出来、梅酒びん2杯にミニカーが詰まっていた。長男がむずがった時連れて行った総合病院の前庭もなく、東光ストアも今はない。住んでいたアパートのあたりは再開発されて大きなビルが2,3棟建っていた。
辻堂から毎日東京駅前の会社に帰った。その頃は年も若く、仕事も面白かった。なぜか酒もよく飲んだ。会社の若い連中と表参道や渋谷、新宿、仕事で銀座のバーにはよく行った。当時は経済は右肩上がりで、日本の未来にはかすかに光が見えていた。辻堂には4年ほど住んで習志野に移った。


d0098440_8424497.jpg
by yuugean | 2008-08-15 06:37 | 2008

M君の死

 旧友のM君がガンで死んだ。M君は不動産の世界で活躍した人で、恐ろしく顔が広かった。私も不動産関係では非常に多くの人たちを紹介してくれた。ここ3年ほど彼がガンであることは知っていた。茅場町近くの事務所で2-3回会った時、ガンの治療の話をしてくれた。そして同時にAST気功にかかっていることも教えてくれた。
 そのM君が実は1ヶ月前に亡くなっていた。M君と電話で話したのは6月ごろ、そのとき事務所が移転したということで、新事務所の住所と電話番号を聞いた。その後、新しい事務所を訪ねようとして果たせなかったが、7月20日頃に三越前のその事務所を尋ねた。ところが不在だったので、名刺と簡単な挨拶を書いてポストに入れておいた。その名刺を見たM君の事務所の社長が1昨日電話をくれて、M君が7月6日に亡くなったことを知らせてくれた。M君が亡くなったあと、事務所はそのままになっており、1昨日はじめて社長が事務所の整理に来て名刺を見つけたという。
 社長は大手金融関係に信頼の厚い不動産鑑定士で、M君はそこで不動産の売買に携わっていた。もとは財閥系の子会社で常務までいったが、何か訴訟事件に巻き込まれ、裁判が続いていた。そのM君を不動産鑑定士の社長が面倒見てやってきたのが、この10数年だった。M君はその意味で不動産関係の様々な分野に顔が広く、また有能だった。私もいろいろな人を紹介され、ゼネコンの不動産物件懇話会のようなものにも参加するようになった。
 M君が、自分でガンだということを私に告げたのは2年ほど前。前の事務所でだった。それ以来気になっていたので、時々は電話した。すでに不動産関係から離れて仕事をしていた私との仕事の接点はあまりなかったが、それでも知り合いの社長が手持ちの物件を売りたがっていたので、彼に2-3回相談したことがある。
 以前は事務所近くの立ち飲みのようなところで、小一時間を過ごした。私とだと心が許せるのか私的な悩みや趣味の話、それから彼が好きだった柳田国男や平田篤胤の話などもした。神霊協会に入っていた時期もあったらしく、その手の話もした。仙道をやっている、私のことも知っていて、ある共通の底辺があったと思う。
 子供は二人で、次男の方は知的障害で、その上に大きな交通事故にもあった。それを気にして心にかけていた。その次男の結婚式が決まったが、すでに意識は明瞭でなく式の当日はすでに出られない状況だった。式の後みんなで病室を訪れ記念撮影するのがやっとだったという。その翌日、次男が病室にやってきて、M君の身体をなぜていた時に彼は息を引き取った。次男が無事家庭をもち、社会に船出するのを見届けて彼は逝ったのだと思う。
 私は今日鎌倉駅から近いM君の家を訪れ、霊前におまいりした。一度いっしょに後楽園に行ったことのある奥さんとお話をして、M君の最後の様子などを聞いた。私はM君の霊前で「いろいろ有難う。どうか家族を見守ってあげてください」とお願いした。彼の遺影は心無しかうなずいていたように思う。心からご冥福をお祈りする。
by yuugean | 2008-08-14 08:53 | 2008



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧