遊化の森

スタバで読書

  昨日の土曜日はいちばん好きな曜日。時間がたっぷりとあり、坐忘にも出神の修練にも、たっぷりと時間をかけられる。やはり、こういう「天地」のその日の「気」の状況によって大きく発現が左右される修練は、たっぷりと時間をかけて納得のいくまでやってみるという態度が必要。4時半に起床し、いつもの通り「儀式」そして「坐忘」の中から「天花乱墜」の験あり。実は最近はその前に「天頂開」の修練をやっている。以前はそれは「三華聚頂」の前にやっていたが、どうもこれでは「リズム」がここで止まってしまうことに気付いて、一番最初にやることにした。何をやるかは「口訣」に属する。口ではとても説明できない。
  この「出神」の修練ではそういうことが多い。細かいニュアンスがいっぱいあって、それを伝えることは不可能。また伝えなければならない義務もない。その後いつもどおり、「五気朝元」-「三華聚頂」ー「出神」となるが、ここでも細かいニュアンスの「儀式」や「修練」があり、これも自分流の「口訣」にせざるを得ない。「神遊観」-「収神」の場合もそうだ。
 土曜日は昼過ぎからは「スタバ」の二階で一時間少々読書。昼間その他の時間が見つけると二度ほど出神修練。日曜日は太極拳の日であさの修練が終わると、7時半ごろ家を出て千代田区へ。今日は千代田小学校で太極拳。始まる前に身体を温めるために「陳式」を数人の人と一緒に習う。その後はいつもどおり「八段錦」「伸展法」「楊家24式」「楊家老架式」の順で修練。終わって鰻やで昼食、その後夕刻に風呂に入り小宴。いつもどおり9時ごろささやかな宴は終わる。
by yuugean | 2006-01-29 20:57 | 2006
<< 四つの柱 口訣 >>



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧