遊化の森

「煉キ化神」或いは「大周天法」 その6

◆「大周天」
◆「定」に入る
◆「陽神の誕生」

それはさておき、「仙道内丹法」です。「煉キ化神」は「大薬」が出来ると
「採丹」し、それをまず「小周天」ルートを回して「下丹田」に収めるところ
から始まりました。そして約10ヶ月の間ひたすら「養胎」に励みます。この
段階で日常的に行じるのが「大周天」です。これは、「気」(錬精化キででき
た物質「キ」)を「小周天」のルート、督脈―任脈のほかに、脚の内側―脚の
外側―督脈―腕の外側―腕の内側―衝脈―帯脈を通し「下丹田」に収める行
です。もうひとつ、この段階で重要なのは「精神を落ち着かせる」ことです。
「煉キ化神」の段階以降はことに「精神」のあり方が行の進展ぶりに大きく影
響してきます。「煉キ化神」は文字通り「神」(意識)を「キ」に入れ、「キ
」で「神」を包んで、10ヶ月かけて「キ」と「神」をひとつにしてしまう行
です。
「養胎」のためには「中丹田」と「下丹田」の間に「気」を充満して、「意
識」をかけ適度な温度を保つ事も必要です。この「火候」(火加減)で「キ」
と「神」は合成されて、ひとつの物質のように離れがたくなり、始めは「動
いて」いた「キ」も「神」と合一して、ここに静かに意識をかけ続けると動か
なくなります。さらに10ヶ月の間「胎」を育てますが、この時の「意識」の
かけ方は「包括的な」方法。つまりどこか一箇所に焦点をあてて、意識をかけ
るのではなく、身体の内面を見渡すように全体に「ぼっー」とした感じで意識
をかけ続けます。「入定」といわれる状態です。
こういう「入定」を繰り返していると、「神」は次第に落ち着きます。という
よりも動いていた「キ」が「神」(意識)に吸収される形で、次第に「神」(
意識)な中から、曖昧なもの、「陰」の部分がなくなっていきます。この「包
括的な」意識集中、つまり「定」という行を日常的に繰り返していくと、「神」
(意識)から「陰」(感情)の部分が次第に取り去られていきます。それが
「陽神」の誕生です。「神」から「陰」(感情)が取り去られたものが「陽
神」です。
by yuugean | 2003-09-30 06:33 | 内丹法を修練する
<< もはや晩秋 坐忘離れがたし >>



遊びをせんとて生まれける  学びせんとて生まれける
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧